クレアチンの副作用は本当にあるの?【間違った使用はこれ!】

クレアチンとは、筋肉を強くしたり、成長をサポートしたりしてくれる嬉しい物質ですが、効果がある分、副作用がないか不安に思っている方も多いですよね。ネットでも、クレアチンを摂取して副作用が起きたという記事も見かけました。使用している人全員が副作用を起こしているのか、起こしているとすればどのような症状が出ているのか?

 

ここでは、クレアチンに関する副作用の情報は正しいのか間違っているのか、いろいろと調べたのでまとめてご紹介していきたいと思います。クレチアンを試している方、試してみたい方、興味のある方はぜひご覧ください!

 

クレアチンの副作用についての口コミ

まず、ネットで見かけたクレチアンの副作用についての口コミを何件かご紹介していきたいと思います。

  • 「クレアチンを飲んだらおなかが痛くなった」
  • 「クレアチンは腎臓に悪いという噂を聞いたことがある」
  • 「クレアチンを飲んでいたら体重が増える」

いろいろ調べてみましたが、クレアチンの副作用と言われる多くはこの3つに絞られると思います。ということでこの3つについて検証していきたいと思います。

クレアチンを飲んだらおなかは痛くなる?

この件に関してですが、いろいろなところで間違った知識を持ったままクレアチンを飲み続けている人が起こしているものだと言えます。間違った知識というのは、「飲めば飲むだけ筋肉が発達する」「空腹時に飲むとより効果が出る」などでした。

 

まずクレアチンはもともと身体の中にも、食品の中にも微量ですが存在しているので、摂りすぎれば体調に異変が出てもおかしくありません。また空腹時に飲むというのは逆効果です。そしてこの副作用を起こした人は一度に規定量を越した量を摂取している人に多いようです。

 

クレアチンを飲んで体調がおかしいなと思ったら一度使用をやめ、体調の良いときに規定量を飲んでみてください。

クレアチンは腎臓に悪い?

こちらも噂が独り歩きしているだけですね。そして名前が似ている物質と間違っている方が多いようです!たしかに、クレアチンと腎臓には関係があります。この関係というのは悪影響ではなく、クレアチンが使われた後に老廃物として出る、「クレアチニン」という別の物質が腎臓でろ過され、排出されるという一連の流れのことです。

 

名前が似ているので間違ってしまう人も多いようです。クレアチニンは老廃物なので、もともと腎臓の働きが悪いとクレアチニンがうまくろ過されずに体内に残ってしまうことで、血液の中の物質量は多くなってしまいます。この場合は腎臓の検査をして、体調を整えてからクレアチンを摂取しましょう。

クレアチンを飲んだら体重が増える?

クレアチンのせいで体重が増えるということはありません。あるとすれば、クレアチンを飲むことで筋肉の発達が促され、脂肪が引き締まった筋肉に代わることで体重の変化はあると思います。筋肉は脂肪よりも重くできているので、体重ではなく見た目で判断してみてください!

 

 

検証結果は以上です。いずれも、クレアチンの正しい使用方法を知らないために起こってしまうものなので、安心してくださいね^^正しい摂取方法や自分にあった適量が知りたい場合は、メタルマッスルHMB(GACKTサプリ)などの安心できるものを選び、飲み方も一緒に教えてもらいましょう!

 

>>メタルマッスルHMB(ガクトサプリ)の詳細はこちら