クレアチンは筋肉が増える?【本当の働きはこれ!】

クレアチンは筋肉増強に関して話題になっていますが、クレアチンとは本当に筋肉が増えるのか?そもそもどんなものなのか?疑問に思っている人もまだまだ多いと思います。

 

クレアチンとは身体の中にももともとある物質ではありますが、外部から摂取するのは難しいといわれています。食品にも微量しか含まれていないので、十分な量を摂取しようとすると膨大な量を食べなければならないので、なかなか摂取しづらいのが現状です。

 

クレアチンの働きや、筋肉への働きについて、徹底的に調べてみました!

 

クレアチンの働き

まずクレアチンとはなんなのか、そこからご紹介していきたいと思います。クレアチンとは、身体の中にもある物質で、食品からも摂取できますが、その数は微量であるため、サプリメントで摂取するのが良いといわれています。

 

ではなんのために摂取するのかというと、筋肉を強くしたい、たくましくしたいという方が多いようです。筋肉が成長するときのサポートをしてくれるというのがクレアチンの簡単な働きです^^

クレアチンが筋肉にどう働く?

簡単なクレアチンの働きはわかりましたが、いったい筋肉にはどのように働いているのか、ここからご紹介していきます。クレアチンを摂取するとなぜ筋肉が強くなるのか、その秘密は「筋持久力の向上」にあります。クレアチンを摂取することによって、筋力を発揮出来る時間が延長されます。

 

人間が使える最大の筋力というのはほんの数秒なので、すぐにエネルギーが低下してしまいます。最大筋力というのは時間経過とともに低下していってしまいますが、クレアチンを摂取することでこの低下が少なくなればトレーニングも長く続けられるということになりますよね!!

筋肉の回復にも効果がある!

さらに、クレアチンは筋肉の回復力向上も期待できるんです!筋肉というのは、トレーニングをすることで筋肉細胞にダメージを与え、超回復をすることによって新しい筋肉細胞ができるときに、前よりも太く、丈夫な細胞ができます。

 

この働きがあるからこそ、トレーニングをすると筋肉が太くなり、マッチョな身体にちかづいていくというわけです。この超回復に、クレアチンは活躍してくれるんです。クレアチンには抗炎症作用があるため、トレーニングをしてダメージを受けた筋肉をいつもよりも早く回復させようという働きが生じます。

 

いかがでしたでしょうか!クレアチンを摂取することによって、筋肉を強く、丈夫にしたいという方にはとてもトレーニングもしやすく、結果も出しやすいということがわかりましたね^^
しかし前にも書きましたが、食品から摂取するというのはなかなか難しいようです。

 

サプリメントといっても、いろいろありますよね!なにが一番良いのか迷うと思います。自分に合ったものを見つけて、継続できるというのが理想的ですが、おススメといえばメタルマッスルHMB(GACKTサプリ)です。このクレアチンを調べるときにも、筋肉に対する効果も評判が高く、試しやすいので一度試してみるといいかもしれません!

 

>>メタルマッスルHMB(ガクトサプリ)の詳細はこちら