クレアチンと運動の関係は?【運動したらクレアチンはどうなる?】

筋肉をつけたいというすべての人に人気な「クレアチン」ですが、いったいどのようにして筋肉がつくのか、運動とは無関係なのか疑問ですよね。クレアチンがなくても運動したら筋肉がつくんじゃないの?という声もあります。

 

クレアチンについて正しい知識がないままだと、効率的に筋肉をつけていくことができないんです!!もったいないですよね!クレアチンを摂取するときには運動と、筋肉をつけることの仕組みがわかっていれば納得して、なおかつ効率的に魅力的な身体になることができます。ぜひご覧ください^^

 

クレアチンってなに?

まずクレアチンってなに?というところからご説明していきます。クレアチンとはタンパク質の一種です。タンパク質が身体に必要なのはわかりますよね。そのタンパク質を構成している物質の一つというのがクレアチンです。

 

もちろん、他にもいろいろな物質が組み合わさって構成されていますが、「筋肉をつくる」のに必要とされているのがクレアチンです。具体的には、筋肉の持久力を高めたり、超回復の手助けをしてくれるのがクレアチンということになりますので、ここで運動と結びつきますね。

 

ではクレアチンを飲めば運動しなくてもいいの?という疑問にお答えしていきます。

クレアチンと運動は相乗効果

クレアチンを摂取してもまったく運動しなかったり、運動をたくさんしているのにクレアチンを摂取していなかったりするというのは、どちらも損をしています!結論からいうと、「クレアチンを摂取してから適度に運動をする」というのが、一番効果が表れるそうです!

 

クレアチンというのは筋力アップをサポートしてくれる物質であって、摂取したからといって直接筋肉に代わってくれる物質ではありません。そして運動をいくらしても、なかなか効果(たとえば筋肉増強であったりダイエット)が表れないといって、途中で諦めてしまう人も多いですよね。

 

理想的な体型を目指して運動やトレーニングをしている人にとっては、クレアチンはなくてはならない存在なのです!日常の生活の動きやトレーニングの結果をより早く、より効果的に実感したい人はもう始めていますよ!

 

クレアチンを摂取するのは、運動やトレーニングの前後が良いとされています。また食前30分前ですね。またクレアチンを摂取し、運動して筋肉を使うことでクレアチンも一緒に使われて「クレアチニン」という老廃物となって排出されます。なので継続的に摂取しなければ効果はなくなってしまいます。

 

最初(飲み始め)は少し多めに、筋肉にクレアチンを補給してあげて、継続して摂取することで運動やトレーニングをしてなくなったクレアチンを補給し続けることが大事なんですね^^

 

プロの方もこぞって使用しているというクレアチンですが、食品からも摂取できます。しかし食品で摂取すると恐ろしいほどの量を食べなければ規定量を摂取することはできません。なのでクレアチンを効率よく摂取するために良いのは、「メタルマッスルHMB(GACKTサプリ)」のようなサプリメントです!せっかくの運動やトレーニングを無駄にしないためにぜひ試してみてください。

 

>>メタルマッスルHMB(ガクトサプリ)の詳細はこちら