メタルマッスルHMBとビルドマッスルHMBとの比較【どちらがいい?】

同じHMBという成分を商品名として販売しているメタルマッスルHMBとビルドマッスルHMBを比較してみました。メタルマッスルHMB(ガクトサプリ)とビルドマッスルHMBの比較検証をみて、どちらがいいかをみてみましょう。

 

メタルマッスルHMB(GACKTサプリ)とビルドマッスルHMBを比較することによって、どちらを購入しようかと悩んでいる方がいたら、すぐに決めることができるでしょう。

 

【メタルマッスルHMBとビルドマッスルHMBの比較検証】

メタルマッスルHMBとビルドマッスルHMBも、どちらも、定期便で頼むと、初回は500円でおためしすることができます。ただ、通常価格や、定期コースのいずれも、価格は、ビルドマッスルHMBの方が安いです。

 

通常価格は、メタルマッスルHMBは、8,640円(税抜き)ですが、ビルドマッスルHMBは、7,900円(税込み)の金額です。

 

また、メタルマッスルHMBにもビルドマッスルHMBにも、全額返金保証の制度がついています。でも、メタルマッスルHMBは、初回分しか補償がされていません。だから、500円だけの補償というわけです。

 

ビルドマッスルHMBには、3ヶ月分もの補償がついていますので、3ヶ月くらい継続して使いたいと思っている方には、ビルドマッスルHMBを選んだほうがあとで、効果がないので、返品したいというときには、安心ですね。

 

全体的に、金銭面や、補償の内容については、ビルドマッスルHMBの方がおすすめです。

 

しかし、成分のことを考えると、メタルマッスルHMBには、ビルドマッスルHMBに配合されていない成分というのがたくさんふくまれています。

 

メタルマッスルHMBには、BCAA,クレアチン、グルタミン、黒生姜エキス、黒胡椒エキス、ビタミンE、フェヌグリーク、オルニチン、赤ワインポリフェノール、トンカットアリ、バイオペリン、シュリンPF、コエンザイム10が含まれています。

 

ピルドマッスルHMBには、BCAA,バイオペリン、グルタミン、シニュリンPF、トンカットアリ、フェヌグリークが含まれています。

 

また、HMBの含有量も、メタルマッスルHMBの方が、ビルドマッスルHMBよりも100ミリグラムも多いのです。成分について考えると、メタルマッスルHMBをおすすめします。

 

メタルマッスルHMBは、日本製ときちんと記載されていますが、ビルドマッスルHMBは、記載がありません。製造元が気になるかたは、メタルマッスルHMBでためしてみましょう。

 

【メタルマッスルHMBとビルドマッスルHMBはどちらがおすすめ?】

クレアチン配合で含有量が多いほうがいいという成分を重視されている方なら、メタルマッスルHMBをおすすめします。金銭的におさえたくて、3ヶ月間の補償もあったほうがいいという方なら、ビルドマッスルHMBをおすすめします。

 

人それぞれ、どこを重視するかで、好みがかわってくると思いますので、よく比較検証したものを見比べて選んでみてください。

 

>>一番のおすすめメタルマッスルHMBの詳細はこちら