筋トレ中のアルコールはあり?

筋トレ中って、かなり体力を使いますので、休憩がてらアルコールを飲みたくなることがありますよね。筋トレの疲れた体に、キンキンに冷えたビールなどのアルコールを飲むと、とても美味しく感じるものです。

 

しかし、このような筋トレ中のアルコール摂取は本当によいのでしょうか。もしも筋トレ中にアルコールを飲むことで、筋トレの効果は半減してしまうなんてことがあったら絶対に嫌ですよね。

 

ここでは、筋トレに関することで、アルコールとの関係を調べていきたいと思います。いつ飲めば影響がないのか。アルコールによる影響は?など、詳しくご紹介いたします。

 

筋トレ中のアルコールはOKなのか?

結論から言いますと、筋トレ中のアルコールはNGです。アルコールの飲み過ぎはもちろんいけませんが、筋トレ中は、アルコールそのものをやめた方がよさそうです。

筋トレ中にアルコールを飲む影響について

筋トレ中にアルコールを摂取すると、私達の体の中にある、筋肉をよりおおきなものとさせる成分のテストステロンというホルモンが減少してしまいます。また、アルコールには、筋肉を分解する働きのコルチゾルという成分が含まれているので、せっかく頑張って作り上げた筋肉も分解されてしまうのです。

 

せっかく一生懸命頑張って作り上げた筋肉が減少してしまってはたまりませんね。

筋トレの後、いつならアルコールが飲めるのか?

筋トレの後は、約24〜48時間はアルコールの摂取を控えましょう。「二日も禁酒するなんてやってられない!」と思うかもしれませんが、筋トレの効果を最大限に引き出したいと考えるのなら、筋肉が完全に回復してからの状態になってから飲むことが大切です。

どうしても飲みたい時は?

筋トレ後は、約2日お酒は控えましょうとは言っても、付き合いもありますし、二日も禁酒出来ない日だって当然あります。そのような日は、お酒の飲む量を控えることはもちろんですが、食事でアルコールが体内に及ぼす影響を最小限にするとよいでしょう。

 

アルコールの影響を少なくする食事とは、主に、タンパク質やミネラルです。タンパク質はアルコールの吸収を少ないものにしてくれますし、ミネラルは、内臓がアルコールを分解する時に手助けをしてくれます。

 

また、このような食事が難しい場合は、サプリメントで補うのもよいとされています。メタルマッスルHMBには、良質のタンパク質やミネラルが豊富に入っていますので、こちらのサプリメントを上手に使いながら筋トレをするのもいいかもしれません。

 

「まとめ」

筋トレとアルコールは、あまり良い関係ではないということが分かりましたね。お酒が大好きな方には残念な結果となってしまったかもしれませんが、アルコールの吸収を抑える働きをする食べ物やサプリメントを上手に取り込めば、アルコールもあまり気にせずに飲めそうです。上手にアルコールと付き合いながら、筋トレに励むことが出来たらいいですね。

 

>>筋トレ効果をあげるサプリ「メタルマッスルHMB」の詳細はこちら