筋トレとアミノ酸の関係とは?

筋トレに関することでよく耳にするアミノ酸という成分。アミノ酸と筋トレには、切っても切れない深い関係があります。アミノ酸がなければ筋トレはやっても効果が現れにくいと言っても過言ではありません。そんな大切なアミノ酸のことについて、筋トレとの関係性や効果をご紹介していきたいと思います。

 

そもそもアミノ酸とは?

アミノ酸とは、一言で言ってしまえば、タンパク質そのものです。20種類ものアミノ酸が集まって出来ているのですが、筋肉の大元と言っても過言ではありません。

 

アミノ酸は、体内に入ってからとても吸収速度が速く、体内に入れてしまえば約30分で体の中に吸収されます。その為、大量の食事を取らなくても大丈夫ということが言えます。

アミノ酸と筋トレの関係


アミノ酸の中でも、バリン・ロイシン・イソロイシンというアミノ酸は、筋トレをする中でとても大切な役割を果たします。こちらの3つを合わせてBCAAと呼びます。その大切な役割とは、筋肉量を増加させる働きや、筋トレの持続力をアップさせたりする役割であり、筋トレのサプリメントでも必ず入っている成分となっています。

 

筋トレに関することは沢山の用語がありますが、アミノ酸はその中でも筋トレとの関係性がとても深いということが言えるでしょう。アミノ酸のおかげで、筋肉が出来ているのですね。

アミノ酸の摂取はいつが効果的?

筋トレをする上で、一番最大限にアミノ酸の効果を出したいのなら、筋トレをする約30分前にアミノ酸の摂取を心がけるとよいです。

 

先程もご説明した通り、アミノ酸は体内に入ってから約30分で吸収されるので、その吸収されて血中濃度が最大限になった段階で筋トレを始めると、筋トレの効果が一番引き出せるのです。

 

せっかく筋トレをするなら、最大限に効果を出したいものですよね。しかし、アミノ酸を大量に摂取することは、なかなか難しいことです。そういう時は、サプリメントに頼ってみるのも1つの方法ではないでしょうか。

 

メタルマッスルHMBというサプリメントには、アミノ酸が豊富に含まれていますので、筋トレ中の人にはおすすめのサプリメントとなっています。

一番多くアミノ酸がとれる食物は?

筋トレを意識している人なら、アミノ酸が多く含まれた食事を心がけたいですよね。バリン・ロイシン・イソロイシンに分けて、アミノ酸が豊富に入っている食べ物をご紹介いたします。

  • バリン・・・マグロの赤身、プロセスチーズ
  • ロイシン・・・カツオ、鶏胸肉
  • イソロイシン・・・豚ロース、卵

上記を見ていただける魚やお肉、卵にアミノ酸が豊富に含まれていることがおわかりいただけると思います。筋トレを意識するなら、食事は魚やお肉、卵といったものを食事の中に意識的に取り込むとよいですね。

 

このように、アミノ酸を摂取することで、筋トレの効果はとても高くなることが分かりました。アミノ酸の摂取時間も、約30分前に摂取すると筋トレの効果を最大限に引き出せるので、意識して取り組みたいですね。

 

>>筋トレ効果をあげるサプリ「メタルマッスルHMB」の詳細はこちら