筋トレの頻度はどのぐらい?

筋トレを行う頻度を意識した事はありますか?筋トレを始めたからには、毎日日課として頑張るぞ!そう意気込んでいる筋トレ初心者さんも多いのではないでしょうか?ギュウギュウに詰め込んだ筋トレのプログラムを、連日行った方が効果は早く出そうですものね。

 

しかし、このやり方は残念ながら間違っています。筋トレの頻度を上げれば筋トレの効果がすぐに出るという訳ではないんですね。ではどの位の頻度で筋トレを行うのが一番効果的なのでしょうか?

 

【理想の筋肉を手に入れるための丁度良い筋トレの頻度とは?】

筋トレを行った筋肉がさらなる進化を遂げるのがいわゆる『超回復』です。この超回復がどのような時に起きるのか知っていますか?実はこの超回復は筋トレ後に体に起こる筋肉痛と密接な関係があるのです。

 

筋トレにより、目標部位に丁度いい負荷が与えられた時筋肉痛が起こります。筋肉痛は筋トレによって筋線維が傷ついて起きるのですが、傷付いた筋線維は傷付く前よりも強く修復されます。筋肥大、つまり筋肉が成長するんですね。

 

これが超回復の簡単な一連の流れです。辛い筋肉痛も、自分の筋肉を強くするためだと思えばキツイ痛みも乗り越えられそうですね。

 

しかし筋トレの頻度を下げずに毎日続けてしまうと、筋肉が修復するタイミングを失ってしまい、超回復が出来ないのです。休養日を設けずに続けてしまうと、筋肉が作れないだけではなく怪我のリスクも上がってしまいます。良い事無しなので、しっかりと休養日を作りましょう。

 

では、どの位の頻度を目安に筋トレを行うべきなのでしょうか?超回復に必要な時間は、筋トレでどの程度負荷を与えられたかによっても違いますが、48〜72時間程度と言われています。つまり、筋トレを行ったら2、3日の休養日が必要なんですね。

 

【大切な筋トレタイムを無駄にしないために知るべきこと】

筋トレは量よりも質だと思ってください。筋トレの目標回数をクリアしたとしても、筋肉に負荷を与えていなければ筋トレの効果は出ません。週に数日の貴重な筋トレ日なのですから、鍛えようとしている筋肉を確実に意識して筋トレを行って下さいね。

 

そして、筋トレを行う頻度と同じ位に大事なのは筋トレを行うタイミングや栄養です。筋トレをやってはいけないタイミングは『空腹時』『食事後すぐ』『就寝前』です。筋トレを実行する日には、これらのタイミングに引っ掛からない時間に行うようにしましょうね。

 

筋肉痛の時に起きている超回復を後押しするには、普段からしっかりとした栄養を取る事が大切です。脂質や糖質のある物を避け、高タンパク・低カロリーの食品で筋肉を作る手助けを行いましょう。

 

筋トレの前後にはプロテインや筋肉増量効果のあるサプリメントを飲む事もお勧めします。貴重な筋トレでの効果を逃さないためにも、ダイレクトに筋肉へタンパク質を届けてくれるこれらの商品はどんどん利用していくべきです。

 

プロテインよりも体内への吸収力が高い成分であるHMBを含有している『メタルマッスルHMB(GACKTサプリ)』は特にお勧めです。このサプリメントを飲んで、貴重な筋肉増強のチャンスを逃さないで下さいね。