筋トレのインターバルはどれだけあればいいの?

筋トレは同じメニューを繰り返し行うことで理想の筋肉がついてきます。しかし、インターバルを行わないと、体力の限界がきてしまったらそれ以上筋トレをすることは出来ません。

 

インターバルを上手に筋トレの中に取り入れながら、筋トレのセット回数を増やせていけたら、筋肉も増量し強くなってくるはずです。ここでは、インターバルのとりかたをご紹介いたします。

 

インターバルが必要な理由

筋トレに関することで、インターバルの重要性をご紹介いたします。インターバルとは、筋トレと筋トレの合間に行う休憩のことを言いますので、あまりにインターバルをとりすぎてもよくはありません。インターバルとぉ取り過ぎてしまうと、筋肉量の増加が見込めなくなってしまいます。

 

しかし、適度にインターバルを取り入れることによって、筋トレ中に体の中の少なくなった酸素をまた取り入れることができるようになります。酸素が体の中を巡ると、また活力が沸き、筋トレを続けやすくすることが出来ます。

インターバルの時間は?

インターバルの時間で、筋トレの効果がかなり違ってきますので、効率よくインターバルを取り込む必要があります。

 

筋トレを短時間行う場合

インターバルは筋トレが1セット終了したら、約30秒程度にします。有酸素運動のような効果を得ることができます。

筋トレを少し長めに行う場合

約30秒だと少し疲れが取りきれないので、約60〜90秒程度のインターバルにします。筋トレは、自分の限界の壁を乗り越えていくことで、どんどん筋肉が増量していきますが、短すぎても酸素が体に行き渡らず、効果的に筋トレが出来ませんので、約60〜90秒を心がけましょう。

筋トレを長時間行うとき

長時間の筋トレを行う時には、約2分程度のインターバルをもうけます。長時間の筋トレでは、約2分のインターバルをとることで、一番筋トレの疲れから回復が出来るというメリットがあります。

 

このように、自分が行う筋トレのセットメニュー時間に合わせて、インターバルを取る時間を変えることで、効率よく筋トレを実践することができます。

一番筋肉量が増えるインターバル時間は?

一番筋肉を強くし、筋肉量を増やすインターバル時間は、約30〜90秒の間という実験結果があります。どうして約30〜90秒のインターバルを設定すると一番筋肉によいのかというと、筋肉を大きく成長させる成長ホルモンの働きが、インターバルを約30〜90秒に設定した時に一番効果が出るからです。

 

まとめ

筋トレに関することは、食事内容、インターバル、セット内容など、様々な内容がありますが、インターバルについては、自分の行うセットメニューと照らし合わせながら取る必要があるということが分かりました。

 

筋トレは、自分の限界値を更新していくものですが、上手くインターバルを入れて酸素を体の中に取り込むことで、筋肉を効果的に増量してくれますので、適度に挟むことが、理想の筋肉をつける近道とも言えるでしょう。

 

>>筋トレ効果をあげるサプリ「メタルマッスルHMB(ガクトサプリ)」の詳細はこちら