筋トレでの筋肉痛は??

筋トレと切っても切れないのが筋肉痛です。まだ筋トレを始めたばかりの人はこの辛い筋肉痛が苦痛に思えるかもしれません。

 

まだ筋トレを始めたばかりの人はやる気も気合も満ち満ちているので、はりきって一気にトレーニングをする人も多いでしょう。このように一気に筋トレを行うと、すぐに強い筋肉痛に襲われることになってしまいます。

 

筋肉痛は悪いものではなく、貴方の筋肉を作る大切なプロセスではあるのですが、動くのが苦痛になる程の筋肉痛は筋肉を作ることに対して逆効果となってしまいます。

 

強い筋肉痛により筋トレを中断してしまう人もいるでしょうし、筋肉を作るチャンスである『超回復』の機会を逃してしまう事になるのです。

 

【筋トレでよく聞く『超回復』とは何?】

筋肉痛の原因は乳酸が溜まったから。そう聞いた事はありませんか?

 

実はこれは間違いなのです。筋肉痛は『遅発性筋肉痛』と言い、運動や筋トレをした当日ではなく1、2日後に出るものです。乳酸は疲労物質だと長年言われてきましたが、運動後数時間で消滅してしまうのです。

 

筋肉痛の起きる原因は、筋トレや運動で筋肉にかかった負荷により筋線維が傷つき、それを修復するために起きる症状とされています。

 

しかしこれもまだ可能性の話であり、筋肉痛の原因ははっきりとはしていないそうです。まだまだ人体も不思議だらけですね。

 

そんな謎だらけの私達の体の中で起きる『超回復』。これは、筋トレなどで傷ついた筋線維を修復する事によって起きる筋肉の成長のようなものです。元々の筋肉よりも、筋線維が修復された事により強くなるんですね。

 

じゃぁ、筋肉痛をゴリゴリに残したまま筋トレを続けていればすぐに筋肉や体力が付きそうだな、ガッツリやるぞ!そう思ってしまった貴方、ちょっと待った!

 

筋肉が修復されるのは大体48〜72時間と言われています。この修復期間を待たずに続けては、せっかくの『回復』が出来ないんです。

 

超回復の為に休息が必要なのは分かるけど筋トレは毎日行いたいもの。この解決策は簡単です。筋トレをする部位を日々変える事です。それぞれの部位に負担のない筋トレメニューを続けてみましょう。

 

【すぐに筋肉痛を緩和したい!!筋肉痛解消の方法は?】

筋トレを長年続けている人ならば、適度な筋肉痛とも気持ちよく共存していると思います。ですがまだ筋トレ経験の浅い人達は、適度な筋トレの量が分からず強い筋肉痛に悩む人も多いのではないでしょうか?

 

筋肉痛は超回復の為に必要だし、数日で収まるのは分かっているけどもなるべく早く痛みとおさらばしたい!そんな方たちの為にも筋肉痛の解消方法を何点かご紹介します!

@ 筋肉痛の部位を冷やす

筋トレの直後から翌日くらいまで、痛みが激しい時にお勧めしたい方法です。冷やして炎症を抑えることにより、痛みの軽減に役立ちます。ただ、ずっと続けると逆効果になるので注意です。

A 軽いストレッチや有酸素運動を行う

全身の血流を良くする事が筋肉痛には効果があります。そのため、軽いストレッチやウォーキング等が有効です。筋肉痛で流れが悪くなった血流を改善する事により筋線維の修復が行われるんです。

B お風呂にゆっくりと浸かる

ストレッチと同じ原理ですが、血流を良くする目的があります。ぬる目のお風呂に浸かり、傷ついた筋線維に負担をかけないよう優しくマッサージするのも効果的です。お風呂とシャワーの冷水を交互に筋肉痛の部位に当てる『温冷法』という物もありますが、高血圧や心臓の悪い方には注意が必要な方法です。

C しっかりとした睡眠と栄養を取る

睡眠中に出る成長ホルモンが筋線維の修復をしてくれるので、睡眠はとても大事です。成長ホルモンを分泌させるにはタンパク質が大事です。肉や魚、豆や乳製品に多く含まれます。血行促進してくれるビタミンもフルーツなどからしっかりと取りましょう。

 

筋肉痛は筋トレで積み重ねた貴方の努力の結晶です。上手に付き合っていきたいですね。超回復をしている時、さらに効果を上げたいとは思いませんか?そんな方にお勧めなのが『メタルマックスHMB』です。手軽に栄養補給をして理想の筋肉を手に入れてください!