オルニチンの副作用の心配は不要?答えはYES!

オルニチンに限らず、特にサプリメントなどを摂取する時に気になるのは副作用です。オルニチンは副作用の心配のない物質として知られていますが、本当に副作用が無いのか?オルニチンの性質などを検証しながら、同時に副作用についても考えて見たいと思います。

 

人間の体は多くの細胞から出来ている訳ですが、70パーセントが水分で、次に多いのがタンパク質と言われています。タンパク質は多くのアミノ酸の融合体ですが、同じアミノ酸でもオルニチンは少し性質が違います。

 

オルニチンは「遊離アミノ酸」と呼ばれるものの一種で、血液に溶け込んだ状態で体内を巡り、夫々の場所で有効な働きをすると考えられています。例えば肝臓では、有害物質であるアンモニアを解毒し、本来の肝臓の働きを保ち疲労回復を助けます。

 

浮遊アミノ酸の一種であるオルニチンは、過剰摂取したとしても体内に蓄積されることはなく、必要分が吸収された後の余剰分は、尿と一緒に体の外に排出される仕組みになっていますから、この点でも副作用の心配が払拭される所です。

 

オルニチンの効能に関しては、余り欠点が見つかりませんが、それでもやはり気になってくるのが副作用です。オルニチンの副作用については、「浮遊アミノ酸」というオルニチンの性質にもよるのでしょうが、特にないとする文献が多いようです。

 

只その中で、高オルニチン血症と関係する遺伝病においては、血漿中のオルニチン濃度が、長期的に高濃度で推移すると、網膜への副作用が生じるという報告があります。なので持病などがある人の飲用は注意が必要でしょう。

 

その他には特に副作用の心配はなく、効果のみが報告されているオルニチンですが、まずは、生活習慣を整え肝臓に余り負担をかけない事です。肝臓や腎臓に何らしかの異常がある人は、オルニチンを飲用する前に一度、医師などに相談する事をお勧めします。

 

またオルニチンには、成長ホルモンを分泌させる効果もあり、筋力が増え代謝がよくなり、ダイエットの効果もあると言われています。オルニチンを利用したダイエットを、アミノ酸ダイエットともいいますが、此れも別の意味でオルニチンの有効活用と言えるでしょう。

 

オルニチンを含むサプリメントでお勧めしたい商品に、「メタルマッスルHMB」がありますが、5大特典付きで安価に購入出来ますから、詳しい情報を知りたい方は、「メタルマッスルHMB」の公式ページをご覧ください。

 

オルニチン、サプリメント、効果のまとめ

オルニチンは一見何の副作用もない様に思われますが、健康な人であればその通り少しの過剰摂取でも副作用の心配はないでしょう。只肝臓や腎臓に疾患のある人は注意が必要です。オルニチンに限らず、どんな食品でも取り過ぎは良くありません。

 

特にオルニチンの様に、サプリメントでないと中々目安の量を摂取できない場合は、摂取量には気を付ける必要があります。それは、通常サプリメントにはオルニチン以外にも様々な成分が含有されているからです。

 

過ぎたるは及ばざるごとしです。適量を守りながら、心地良い毎日を手に入れて下さい。

 

>>メタルマッスルHMBの詳細はこちら