オルニチンがいっぱい!食品ではシジミかシメジか?

オルニチンが最近話題ですが、オルニチンはどんな食品に含まれているか?それらの食品のオルニチン含有量は?等を明らかにしてゆきたいと思います。最近までは、オルニチンの王様はシジミと言われていましたが、待った!を掛けた食品があります。キノコ類です。

 

では下記に、そのオルニチン含有量が凄い食品キノコ類と、オルニチン含有量の多い他の食品との比較なども紹介したいと思います。

 

シジミ:食品100グラムあたりのオルニチン量は10〜15mg、個数にして30〜35個
マグロ:食品100グラムあたりのオルニチン量は2.0〜7mg、刺身で約1人前(7・8切れ)
ヒラメ:食品100グラムあたりのオルニチン量は0.5〜4mg、刺身で約1人前(7・8切れ)

 

チーズ:食品100グラムあたりのオルニチン量は0.7〜8mg、スライスチーズで5〜6枚
パン :食品100グラムあたりのオルニチン量は0.5mg、6枚きりトーストで2枚程度
次にシメジなどのキノコ類を紹介したいと思います。

 

本シメジ:食品100グラムあたりのオルニチン量は160mg、シジミに換算して400個
ブナシメジ:食品100グラムあたりのオルニチン量は140mg、シジミに換算して350個
ブナピー:食品100グラムあたりのオルニチン量は110mg、シジミに換算して275個

 

霜降りヒラタケ:食品100グラムあたりのオルニチン量は50mg、シジミに換算して125個
エリンギ:食品100グラムあたりのオルニチン量は30mg、シジミに換算して75個
エノキダケ:食品100グラムあたりのオルニチン量は14mg、シジミに換算して35個
マイタケ:食品100グラムあたりのオルニチン量は10mg、シジミに換算して25個

 

以上が、オルニチン含有量の多い食品のランキング上位食品ですが、オルニチン一日当たりの摂取目安量は、500r〜1000rと言われますから、シジミだと1000個から2000個にもなりますが、本シメジだと約250gで良いことになります。

 

然し本シメジは300gで3000円以上もしますし、シジミも活シジミだと1s3000円から5000円もします。これではやはり、日常の食卓に載る食品から、オルニチンを摂取するのは無理!という事になりそうです。
食品からの摂取が不可能なら、やはりサプリメントから、という事になりますが、最近では色々のオルニチン入りサプリメントが出回っています。中でもお勧めは、「メタルマッスルHMB」です。

 

ここの公式ホームページには、毎月先着300名様限定で、94%OFFの500円で送料無料、然も30日全額返金保証付きという特大情報も満載です。一度覗いてみても損は無いですよ。

 

オルニチン、食品のまとめ

オルニチンは我々の身体の中を移動して活躍する、浮遊アミノ酸の一種です。普段我々が食べている食品中にもオルニチンは含まれてはいますが、比較的沢山含まれていると言われるシジミやシメジでも、一日の摂取目安量を取り入れるには、大量の食品量が必要です。

 

そこで矢張りサプリメントの力が必要、という事になるのです。効果的に少しでも安価に購入する方法を検索し、ヒットしたのが「メタルマッスルHMB」のホームページです。
公式ページがあなたの関心を待っているかもしれません。

 

>>メタルマッスルHMBの詳細はこちら